市場原理

ティーズアローのブログ > ニュース > 市場原理

市場原理

2014年11月 8日(土曜日) テーマ:ニュース

「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって儲けを稼ぐ投資です。

 

取引の価格は、四六時中動いています。

 

これが為替市場です。

 

テレビを見ていると、ドルやユーロの市場のニュースが流れる場合があります。

 

よく見かけるのが、「今のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事を意味するのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表しています。

 

別の言い方をすると、トレードには買値と売値の両方の価格が存在します。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表現している取引業者もあります。

 

普通は売値が安い価格に決定されています。

 

買値は高く、売値は低くなるのが普通です。

 

その差分をスプレッドといいFX会社の収入の一部になっています。

 

スプレッドの広さはFX業者によって変わります。

 

スプレッドの広さは自分にとって負担になるので低い業者をセレクトしたほうが儲けられます。

 

ただ、場面に応じてスプレッドの広さは変わります。

 

仮定として通常はドルと円のペアで1銭のスプレッドの狭さでも、レートの変動が激しい場合には1銭よりも大きくなる事があります。

 

という事で、スプレッドが小さいのと合わせて、変わらない事が重要です。

 

固定でスプレッドを見せるFX会社も存在します。

 

現実に取引会社のトレード画面で現実のマーケットを確かめなければ判別できないのですがとても重要なことです。

 

多額の財産を投じてエントリーするわけですから本物の取引の前に、心惹かれたFX業者の新しい口座開設を試して、示されているスプレッドの差をチェックしましょう。

 

同じ通貨ペアでも、その時間帯の相場の状況によって通貨ペアのスプレッドの狭さは変わります。

 

通常、銀行間取引市場で取引量の多くて、流動性の高い通貨の組合せではスプレッドの幅が狭く、この他の通貨ペアではスプレッドの幅が拡大するのが一般的です。

http://rental-hakama.net/